産科・婦人科・内科・小児科 / 大阪府 泉佐野市の産婦人科 /「ハイクオリティ・ハートフル」谷口病院HPへようこそ

お問い合わせ 電話番号072-463-3232

24時間受付中

お問い合わせはコチラ

電話対応可能時間
月~金 10:00~17:00
土   10:00~12:00

婦人科のご予約はコチラ

※日・祝・夜間は対応いたしかねます。

不妊治療

不妊治療 | 谷口病院 医療法人定生会 | 大阪府 泉佐野市の産科・婦人科・内科・小児科「ハイクオリティ・ハートフル」

赤ちゃんを望まれる方

結婚したけれど何らかの理由で妊娠しない・・
「どうしてなの~」と少し不安や焦りを感じ始めていませんか?
「病院に行ってみたいけど・・」「もしかしたら不妊症なの・・」などと悩んだりどうしていいか解らず立ち止まっていませんか。
不妊症は決してめずらしい事ではありません。
赤ちゃんが欲しいと思っていても妊娠しない場合は一度相談されることをお勧めします。
当院では、カウンセリングはもちろん不妊治療全般の一般不妊、高度生殖医療、先進医療を行っています。また生殖医療から妊娠、出産まで継続して通院して頂くことが出来るのも当院の魅力のひとつと考えています。まずは一人で悩まず気軽にご相談ください。

一般不妊治療

タイミング法

不妊の検査で明らかな問題が見つからないが夫婦生活を行っても妊娠しない方にはタイミング法をお勧めしています。

排卵日を予測して、それに合わせ夫婦生活を取っていただく方法です。 排卵された卵子が受精する能力を維持できる時間は、排卵後8~12時間までと言われています。その時期を予測するため生理10日目ごろより経膣超音波にて卵胞の大きさを測定、排卵時期に合わせて夫婦生活を取っていただきます。

タイミングには自然周期で行う方法と排卵誘発をした周期の2通りあります。

人工授精

タイミング法を半年から1年試しても妊娠に至らない場合や頸管粘液分泌不全、精子の数が少ない、運動率が悪いといった方に人工授精をお勧めしています。

排卵日を予測しご主人にマスターベーションで精子を採取していただきます。 採精した精子を洗浄濃縮処理にかけ、元気な精子だけを回収しカテーテルを用いて直接子宮内に注入します。

高度生殖医療

両側卵管閉塞や精子が極端に少ないなど自然妊娠が厳しい場合や、タイミング法・人工授精を複数回行っても妊娠しない場合にお勧めしています。 高度生殖医療では卵子を体外へ取り出し、採取していただいた精子と体外で直接出会わせて受精させます。 同じシャーレの中に卵子と精子を入れ、精子自身の力で受精させる「体外受精」と精子1匹を卵子の中へ直接注入して受精させる「顕微授精」があり、どちらかの方法で卵子と精子を出会わせます。 受精した後は体外で培養し、ある程度育った段階で子宮の中へ戻し、着床を待ちます。

高度生殖医療(ART)の流れ

排卵誘発
なるべく多くの卵子が採れるように卵巣刺激を行い、複数の卵胞を育てていきます。
採卵
麻酔下で腟壁から細い針を刺して行います。卵胞内の内用液を採取し、その中から卵子を回収します。
精子処理
採卵当日に採取していただいた精液を処理し、動きの良い良好精子を回収します。
体外受精・顕微授精
良好精子数が十分に回収できた場合は体外受精、良好精子数が少ない場合は顕微授精を行い、卵子と精子を出会わせます。
正常受精の確認
採卵日の翌日に正常な受精をしているか(極体と前核が2個ずつ出ているか)を確認します。
培養
正常受精していたものを3~6日間培養庫内で培養します。 培養液を交換する際は胚の状態確認、グレード評価も行います。
胚移植
凍結保存
移植:
初期胚、または胚盤胞まで育った胚を柔らかいチューブを使用して子宮内へ戻します。
凍結:
内膜が薄い、OHSSのリスクが高い場合などは育った胚は凍結保存し、別の周期に移植します。移植に使用しなかった余剰胚も凍結となります。
内膜調整
内膜を胚移植に適した状態にしていきます。
胚融解
移植当日の朝に凍結胚を融解します。
胚移植
融解後、胚が生存していることを確認してから子宮内へ戻します。

採卵

膣壁から細い針を刺して卵胞の内用液(卵胞液)を採取します。 顕微鏡下で確認しながら卵胞液内に浮遊している卵子を探し出して回収します。

卵胞液内の卵子

※採取した直後の卵子は卵丘細胞というたくさんの細胞に覆われています。

精子処理

密度勾配法とスイムアップ法を行い、良好な精子を回収します。

【密度勾配法】

精液と培養液を混ぜてからアイソレイトと呼ばれる分離液の上にのせ、遠心分離にかけます。奇形精子や白血球などはアイソレイトにトラップされ、良好な精子は沈殿します。 沈殿した精子を回収し、洗浄濃縮します。

【スイムアップ法】

密度勾配法で回収、洗浄濃縮した精子の上に新しい培養液を重ねて(重層して)一定時間静置したのち、培養液の上部まで泳いできた動きの良い精子のみを回収します。

遠心

遠心

重層

静置

体外受精

培養液を入れたシャーレの中に良好精子の濃度が約20万/mlになるように精子を入れ、そこに卵子を2~3個入れて精子の力で受精させます。 約4時間後に卵子についている卵丘細胞を除去し、卵子の成熟具合、受精しているかどうかを確認します。 2個の極体ができるものは受精していると判断します。 体外受精の受精率は70~80%です。

※極体:
余分な染色体を放出する際に形成されるものです。ヒトの染色体は46本なので、卵子と精子はそれぞれ23本の染色体をもつように特殊な分裂(減数分裂)を行って染色体の数を調整します。
媒精の図

※卵子と精子を出会わせる操作を「媒精」と呼びます。

成熟卵の写真成熟卵(MⅡ)

受精

成熟卵の写真 受精卵

※1個の極体を放出した成熟卵に精子が侵入し、受精すると2個目の極体が放出されます。

未熟卵の写真未熟卵(MⅠ)
未熟卵の写真未熟卵(GⅤ)
未熟卵の写真変性卵

受精

成熟卵の写真 受精卵

※1個の極体を放出した成熟卵に精子が侵入し、受精すると2個目の極体が放出されます。

顕微授精(ICSI)

顕微授精は成熟している卵子にしか行えないので、卵子についている卵丘細胞を除去し、卵子の成熟具合を確認してから行います。 処理しておいた精子の中から形、動きがともに良い精子を選別し、卵子1個につき1匹の精子をインジェクションピペットと呼ばれる細いガラス針を使って卵子の中へ直接注入して受精させます。 顕微授精の受精率は80~90%程度です。

顕微授精はマニピュレーターでインジェクションピペットを操作して行います。
①形態良好な運動精子をインジェクションピペットに吸引します。 ②運動精子の不動化 インジェクションピペットで精子尾部をディッシュの底に擦り付け運動を停止させます。
③卵子を固定し、精子をピペットの先端へ移動させます。
④透明体を貫き卵子を刺します。
⑤卵細胞質を適当量吸引し、細胞膜を破ります。 (良好な卵子ほど細胞膜に弾力性があります)
⑥精子を細胞質内に注入します。

正常受精の確認

採卵翌日(体外受精、顕微授精の約18時間後)に正常に受精しているかの確認を行います。 極体と前核がそれぞれ2個ずつ確認できるものを正常受精と判断し、培養を継続します。

※前核:
卵子由来の核と精子由来の核があり、2つが融合して新しい1つの核となります。
成熟卵の写真成熟卵

精子侵入

精子侵入

第2極体放出の写真第2極体放出
正常受精の写真正常受精
写真のように、前核が1個しか確認できない、3個確認できるといった場合は異常受精と判断します。

培養

温度、二酸化炭素濃度などが一定に保たれるインキュベーターと呼ばれる培養庫内で胚を培養していきます。 分裂した細胞は割球と呼び、胚の観察時は割球の数や、どの段階まで育っているのかを確認し、グレード評価も行います。 基本的には胚盤胞と呼ばれる状態になるまで培養してから移植や凍結を行いますが、症例によっては初期胚の状態で行うこともあります。 また、胚は一つ一つ性質が異なっているため、培養したすべての胚が胚盤胞まで育ってくるとは限りません。

タイムラプス

EmbryoScope®は胚観察用のカメラが一体となった培養器です。 EmbryoScope®で培養すると胚を培養器の外に出すことなく観察することが可能なため、培養環境の変化を起こしにくく胚にかかるストレスを軽減することができます。 また20分~30分ごとに胚の写真を撮影していくので、撮った写真をつなげたタイムラプス動画で胚の発育がどのように進んだのかを確認することも可能です。 動画を確認して分割にかかった時間、異常な分割はしていなかったか等を解析することでより妊娠率の高いと思われる胚を選ぶことができます。 タイムラプスの詳細はこちら

グレード評価

【分割期胚のグレード】

割球の状態とフラグメント(細胞質の一部が断片化したもの)の量からグレードを5段階で評価します。
  • グレード1 (G1)
    割球の状態 均等
    フラグメント ない
  • グレード2 (G2)
    割球の状態 均等
    フラグメント わずかにある
  • グレード3 (G3)
    割球の状態 不均等
    フラグメント ない、または わずかにある
  • グレード4 (G4)
    割球の状態 均等または不均等
    フラグメント 多い
  • グレード5 (G5)
    割球の状態 不明瞭
    フラグメント かなり多い
割球の状態 均等 均等 不均等 均等または不均等 不明瞭
フラグメント ない わずかにある ない、または わずかにある 多い かなり多い

【胚盤胞のグレード】

拡張度(胞胚腔の広がり具合)と内部細胞塊、 栄養外胚葉の形態的評価から胚盤胞のグレードを決定します。

グレード表記

5 3 A A
培養日数 拡張度 内部細胞塊 (ICM) 栄養外胚葉 (TE)
    1. 拡張度の評価

      胞胚腔がどれだけ広がっているかを6段階の数字で評価します。

    1. 形態的評価

      内部細胞塊(ICM)と栄養外胚葉(TE)をそれぞれA、B、Cの3段階で評価します。

内部細胞塊 (ICM)

A
塊が大きく、密に接着している
B
塊がやや小さく、接着が弱い
C
塊がかなり小さい(不明瞭)

栄養外胚葉 (TE)

A
細胞数が多く、均一である
B
細胞数が少なめで不均一である
C
細胞数がかなり少ない

  ※点線で囲まれた部分がICM

      • AAの胚盤胞 妊娠率約50%
      • BBの胚盤胞 妊娠率約30%
      • CCの胚盤胞 妊娠率約10%

  ※点線で囲まれた部分がICM

胚移植

柔らかいチューブを使って子宮内に胚を戻します。 症例によって初期胚移植か胚盤胞移植かを選択しますが、基本的には胚盤胞移植が第一選択となります。

【初期胚移植】

採卵から3日目の胚を移植します。 複数回採卵し、培養しても良好な胚盤胞が得られない場合などに行います。

【胚盤胞移植】

胚盤胞に育った胚を移植します。 培養していた胚が胚盤胞まで育たたなかった場合、移植は行えません。 初期胚移植よりも比較的高い妊娠率を期待できます。

アシステッドハンチング(AHA)

透明帯の一部をレーザーで削り、細胞が透明帯から脱出しやすくなるように補助する方法です。 透明帯が硬くなっているなど胚盤胞自身の力での脱出が困難と思われる場合に行います。

胚凍結

子宮内膜が薄い、OHSSのリスクが高いなどの理由で採卵周期に胚移植を行えない場合は胚を凍結保存しておきます。また、採卵周期に移植を行っていても移植しなかった余剰胚は凍結保存しておき、2回目以降の移植に使用します。 凍結の際、細胞内に氷の結晶ができると細胞が死んでしまいます。そのため、凍結前に耐凍剤を浸透させてから細胞内の水分を脱水する処理を行い、その後液体窒素内で保存しておきます。 凍結融解後の生存率は90%以上です。

胚融解

凍結保存していた胚を37度に温めておいた融解液に投入して融解します。 凍結時に浸透させた耐凍剤を希釈しながら段階的に除去していき、細胞を凍結前の状態に戻していきます。 3時間ほど回復培養を行い、細胞が生存しているかを確認してから移植します。

保険適用について

2022年4月から不妊治療が保険適用となり範囲が拡大され「人工授精」「体外受精」「顕微授精」が適用対応となりました。
一般不妊治療は全年齢の方が対象となります。
生殖補助医療は43歳未満の方が対象となります。
保険適用にあたっては制限があります。
*40歳未満では通算6回まで(1子ごとに)
*40歳以上43歳までは通算3回まで(1子ごとに)
*44歳以上は保険適用には該当しません。
また、対象の方については高額医療制度が利用できますので詳しくは医事課、外来スタッフにお尋ねください。