産科・婦人科・内科・小児科 / 大阪府 泉佐野市の産婦人科 /「ハイクオリティ・ハートフル」谷口病院HPへようこそ

お問い合わせ 電話番号072-463-3232
電話対応
可能時間
月~金 10:00~17:00
土   10:00~12:00

※日・祝・夜間は対応いたしかねます。

お問い合わせはコチラ
▶▶

婦人科のご予約はコチラ
▶▶

お知らせ | 谷口病院 医療法人定生会 | 大阪府 泉佐野市の産科・婦人科・内科・小児科「ハイクオリティ・ハートフル」

 

  • 泉佐野市・田尻町・熊取町・貝塚市を対象としたガン検診要項

    当院は泉佐野市、田尻町、熊取町、貝塚市の方を対象にしたガン検診実施指定医療機関です。
    下表のとおり実費が必要となります。(原則として無症状の女性を対象とします) また、地域によって対象年齢や費用について異なる場合があるため、ご確認の上、受診して下さい。
    ご不明な点は受付まで、お問合せ下さい。

    ● 泉佐野市の住民の方
    検診名 対象者 費用
    子宮ガン検診
    (頚部のみ)
    受診日現在
    20歳以上の方
    平成29年度
    受診されていない方
    800円
    子宮ガン検診
    (頚部+体部)
    1,500円
    乳ガン検診
    (視触診・マンモグラフィ併用)
    受診日現在
    40歳以上の方
    平成29年度
    受診されていない方
    1,100円
    受診の際には、健康保険証を確認させて下さい。
    受診の際には、健康手帳が必要となります。お持ちでない方は、当院で発行できます。
    子宮ガン・乳ガン(マンモグラフィ併用)検診については、2年に1回の受診 となります。
    ※(平成29年4月1日~平成30年3月31日で受診している方は、平成30年4月1日~平成31年3月31日の間受診できません)
    乳ガン(マンモグラフィ併用)検診については予約制です(定員あり)
    《減免制度について》
    次の方は、上記の実費が免除になります。詳しくはお問合せ下さい。
    (1)自己負担金免除券を持参した方(市民税非課税世帯に属する方、被保護世帯に属する方)
    (2)後期高齢者医療被保険者証を持参した方
    (3)生活保護受給者

    ● 田尻町の住民の方
    検診名 対象者 費用
    子宮ガン検診 検診年度末現在
    20歳以上の方
    平成29年度
    受診されていない方
    500円
    乳ガン検診
    (視触診・マンモグラフィ併用)
    検診年度末現在
    40歳以上の方
    平成29年度
    受診されていない方
    1,000円
    受診の際には、健康手帳が必要となります。お持ちでない方は、たじりふれ愛センターで受け取って下さい。
    健康手帳をお持ちでないと、検診を受けることができない場合があります。
    子宮ガン・乳ガン(マンモグラフィ併用)検診については、2年に1回の受診となります。
    ※(平成29年4月1日~平成30年3月31日で受診している方は、平成30年4月1日~平成31年3月31日の間受診できません)
    乳ガン(マンモグラフィ併用)検診については予約制です(定員あり)
    《減免制度について》
    次の方は、上記の実費が免除になります。
    (1)自己負担金免除券を持参した方(町民税非課税世帯に属する方、被保護世帯に属する方)
    (2)後期高齢者医療被保険者証を持参した方
    (3)当日、70歳以上の方

    ● 熊取町の住民の方
    検診名 対象者 費用
    子宮ガン検診
    (頚部のみ)
    受診日現在
    20歳以上の方
    平成29年度
    受診されていない方
    1,000円
    子宮ガン検診
    (頚部+体部)
    1,600円
    乳ガン検診
    (視触診・マンモグラフィ併用)
    受診日現在
    40歳以上の方
    平成29年度
    受診されていない方
    1,500円
    受診の際には、健康手帳が必要となります。お持ちでない方は、熊取ふれあいセンターで受け取って下さい。
    健康手帳をお持ちでないと、検診を受けることができない場合があります。
    子宮ガン・乳ガン(マンモグラフィ併用)検診については、2年に1回の受診となります。
    ※(平成29年4月1日~平成30年3月31日で受診している方は、平成30年4月1日~平成31年3月31日の間受診できません)
    乳ガン(マンモグラフィ併用)検診については予約制です(定員あり)
    《減免制度について》
    次の方は、上記の実費が免除になります。
    (1)自己負担金免除券を持参した方(町民税非課税世帯に属する方、被保護世帯に属する方)

    ● 貝塚市の住民の方
    検診名 対象者 費用
    子宮ガン検診
    (頚部のみ)
    受診日現在
    20歳以上で偶数年齢の方
    700円
    子宮ガン検診
    (頚部+体部)
    1,000円
    検診当日、奇数年齢の方は、事前に保健センターへお問い合わせください。「受診券」をお持ちでないと検診を受けることができません。
    《減免制度について》
    次の方は、上記の実費が免除になります。
    (1)満70歳以上の方
    (2)「無料受診券」を持参した方

    ● 泉南市の住民の方
    検診名 対象者 費用
    子宮ガン検診
    (頚部のみ)
    受診日現在
    20歳以上の方
    平成29年度
    受診されていない方
    600円
    子宮ガン検診
    (頚部+体部)
    600円
    乳ガン検診
    (視触診・マンモグラフィ併用)
    受診日現在
    40歳以上の方
    平成29年度
    受診されていない方
    700円
    受診の際には、健康手帳が必要となります。
    子宮ガン・乳ガン(マンモグラフィ併用)検診については、2年に1回の受診となります。
    ※(平成29年4月1日~平成30年3月31日で受診している方は、平成30年4月1日~平成31年3月31日の間受診できません)
    乳ガン(マンモグラフィ併用)検診については予約制です(定員あり)
    《減免制度について》
    次の方は、上記の実費が免除になります。詳しくはお問合せ下さい。
    (1)満70歳以上の方
    (2)住民税非課税世帯に属する方 ※「健康診査等一部自己負担徴収免除証明書」(保健センターで発行)を提示
    (3)生活保護受給者 ※「生活保護受給者証明書」または毎月の「医療券」を提示

    ● 阪南市の住民の方
    検診名 対象者 費用
    子宮ガン検診
    (頚部のみ)
    受診日現在
    20歳以上の方
    平成29年度
    受診されていない方
    500円
    子宮ガン検診
    (頚部+体部)
    1,000円
    乳ガン検診
    (視触診・マンモグラフィ併用)
    受診日現在
    40歳以上の方
    平成29年度
    受診されていない方
    500円
    受診の際には、健康手帳が必要となります。お持ちでない方は、当院で発行できます。
    子宮ガン・乳ガン(マンモグラフィ併用)検診については、2年に1回の受診となります。
    ※(平成29年4月1日~平成30年3月31日で受診している方は、平成30年4月1日~平成31年3月31日の間受診できません)
    乳ガン(マンモグラフィ併用)検診については予約制です(定員あり)
    《減免制度について》
    次の方は、上記の実費が免除になります。
    (1)阪南市国民健康保険加入の方 ※阪南市国民健康保険証を提示
    (2)市(府)民税非課税世帯に属する方 ※保健センターで発行する「阪南市健康診査等の負担金免除証明書」を提示
    (3)生活保護に属する方 ※市役所生活支援課で発行する「保護受給証明書」を提出

    ● 岬町の住民の方
    検診名 対象者 費用
    子宮ガン検診
    (頚部のみ)
    受診日現在
    20歳以上の方
    平成29年度
    受診されていない方
    500円
    子宮ガン検診
    (頚部+体部)
    500円
    乳ガン検診
    (視触診・マンモグラフィ併用)
    受診日現在
    40歳以上の方
    平成29年度
    受診されていない方
    500円
    受診の際には、健康保険証を確認させて下さい。
    受診の際には、健康手帳が必要となります。お持ちでない方は、岬町保健センターで受け取って下さい。
    子宮ガン検診については、1年に1回の受診となります。
    乳ガン(マンモグラフィ併用)検診については、2年に1回の受診となります。
    ※(平成29年4月1日~平成30年3月31日で受診している方は、平成30年4月1日~平成31年3月31日の間受診できません)
    乳ガン(マンモグラフィ併用)検診については予約制です(定員あり)
    《減免制度について》
    次の方は、上記の実費が免除になります。
    (1)満70歳以上の方
    (2)生活保護世帯の方 ※その条件を証明する書類(休日・夜間診療依頼証等)を提示

    ●上記に該当しない無症状(検診のみ)の方は、自費扱いとなります。